アントレプレナーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

このアントレプレナーというのは社会起業家、または会社を起こした起業家に対して使われる言葉ですが、最近独立開業した方はアントレプレナーと呼ばれることが増えてきました。

それでは、このアントレプレナーという職業は起業家とどう違うのでしょうか。
様々な疑問が残るアントレプレナーについて今回は徹底的に解説していきます。

アントレプレナーとは

そもそもアントレプレナーというのはどういった職業なのでしょうか。そして、どういった意味を持つキーワードなのでしょうか。

アントレプレナーというのはそもそも英語で起業家を指す単語です。

つまりビジネスを新規に起こした人ということになります。よく、アントレプレナーシップと言った言葉が使われるようになりましたがこちらも起業家精神や起業家スピリッツなどと同じような意味合いです。

そのため日本語の従来から使われていた単語である起業家とはどのような違いがあるかと言うと明確な違いはありません。ほぼ同じ意味合いで使われているのが現状です。

ただし、若い方については、アントレプレナーという言葉を多く使う傾向にあり、さらにその中でも社会貢献事業を手掛ける起業家の方が自らアントレプレナーと名乗ることが増えてきている印象です。

こんな人はアントレプレナーとしての独立がおすすめ

基本的に起業家やアントレプレナーには誰でもなることができますが、中にはアントレプレナーとして独立することが特におすすめという方もいらっしゃいます。

例えば、時間や組織のルールに縛られるのが嫌だという方は自分で自由に事業を采配、展開することができる立場である起業家、つまりアントレプレナーとしての独立がおすすめです。

または、何か自分でなければ成し遂げられないミッションを持っていてそのミッションを実現するためのツールとして会社を起こすことが必要だということであれば、その方もアントレプレナーとしての独立がおすすめです。

そして、組織やルール、時間など様々な制約がある状況下では自分の能力を最大限に解放することができないと自分でわかりきっている人については、ほとんどの場合アントレプレナーとして独立するとその後爆発的な結果を残し、社会的地位と名誉、そして財を成すケースがほとんどです。

ただし、アントレプレナーについては、基本的には大きな自由が伴いますがその分だけ大きな責任が伴います。

ほとんどのケースでは自分を守ってくれる存在がいなくなりますので、こういった部分についてもマルチに活動できる人でなければアントレプレナーとして活動することは難しいと言って良いでしょう。

アントレプレナーとして成功するためには

アントレプレナーとして成功するためにはどのような秘訣があるかと言いますと,
基本的にはやはりコミュニケーション能力、そして営業力。さらに商品力、この3つの要素が揃っていることが最低限の秘訣と言えそうです。

アントレプレナーとして活動していくためには、まずは自分で確固たる商品力を持ち、そしてそれをウリ込む営業力も持ち合わせていることが求められます。

さらに、どのようなチャンスにも臆せず飛び込んでいく、あるいはどのような新規マーケットにも飛び込んで行けるだけのコミュニケーション能力も持っていることが求められます。

特に、独立開業したての頃は何のネームバリューもない状態でスタートさせることになりますので、まずは自分のこと、そして自分の事業を多くの人に知っていただかなくてはなりません。

こういったものを考えると、様々な人脈を形成することができるだけの能力もアントレプレナーには求められるというわけです。

さらに、独立開業当初はお客様とアントレプレナーの繋がり以外にも、いわゆるアントレプレナー同士の横の繋がりも非常に重要です。いわゆるアーリーステージにいるアントレプレナー同士の繋がりがあれば、ステージアップして行った際にそのアリステージからの繋がりを用いてより大きな事業を共同で成し遂げることができるようにもなります。

アントレプレナーは孤独なイメージがありますが、その分だけ社長同士あるいはアントレプレナー同士の繋がりを持つことができるという強みがあります。よくSNS上でも会社の代表者は会社の代表者同士で交流をしたりすることがありますが、これはまさしくアーリーステージ層の経営者同士が横の繋がりを持ってずっと交流しているといっても良いのではないでしょうか。

また、事業や業務執行の面ではアントレプレナーは組織のトップということになりますので、自分を注意指導してくれる存在というのは原則として存在しません。つまり自分で自分のことをきちんと律して行動しなければならない、というわけです。

特に自分1人であれば、会社の仕事をサボっても良いのではないかという感覚に襲われるのは誰しも経験することですが、サボったからといって誰も怒ってくれる人はいません。

そのためどんどん作業が遅れて行ってしまい最終的に会社に所属していた時の方がクオリティが高い物を生産することができたという状況にもなりかねません。そうなってしまうと、せっかくアントレプレナーとして独立したのにも関わらず結果を残せないままに終わってしまう可能性も出てきます。

この辺りについては、きちんとモチベーション管理を設定し必要に応じて自分で自分をコントロールすることが求められます。この能力がある人であれば、よりアントレプレナーとしての成功確率が大きくなるといってよいでしょう。

まとめ

このようにアントレプレナーというのは欧米諸国で使われる起業家という意味の単語で、現代日本で使われている起業家という単語との違いは特にないということがわかりました。

ただし、最近の若い起業家についてはアントレプレナーという肩書きを名乗ることが増えてきており、特に社会貢献事業や大きなミッションを持っている起業家の方は自らを奮い立たせる意味合いでアントレプレナーという言葉を使用する傾向にあります。

アントレプランナーになるには、自分をコントロールする力や自分の商品をウリ込む力などマルチな能力が求められます。反対にこれらのマルチな方面に活動するだけの力を持っている人はアントレプレナーとして活動することがおすすめと言えます。