最近はキャッシュレス化が進んでおり、個人事業主の方でも、日々の個人的な決済はもちろん会社の経費の精算にもクレジットカードを使いたいという場面は多いのではないでしょうか。

しかし個人事業主の場合は、クレジットカードを作ることに対して

  • 個人用と経費精算用のクレジットカードは分けたほうが良いの?
  • 勤務先が個人事業主でもクレジットカードは作れるの?審査の厳しさは?
  • 個人事業主におすすめのクレジットカードは?

など、色々な不安や疑問が出てきてしまうと思います。

そこでこの記事では、

  • 個人事業主のクレジットカードの種類と基本的な持ち方
  • 個人事業主のクレジットカードの審査について

について解説したうえで、

  • 個人事業主におすすめのクレジットカード

をまとめていきたいと思います。
以前クレジットカード会社に勤務し、審査をしていた経験も交えて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

個人事業主がクレジットカードを使い分けるべき理由とは?

クレジットカードには、個人用と法人用の2種類があります。
個人事業主はこの2つをどう使い分けるのが良いのでしょうか。ここではその理由について解説していきますね。

個人事業主は、個人用と経費精算用のクレジットカードは分けるべき

クレジットカードの種類には個人用クレジットカードと、経費精算用の法人クレジットカード(法人カード)があります。
法人カードは個人事業主でも申し込めるタイプがあるので、法人でなくても問題ありません。

「個人事業主なのだから、クレジットカードは1枚で十分では?」と思われるかもしれませんが、基本的には個人事業主でも個人用カードと法人用カード、それぞれ最低1枚ずつ分けて持つことがおすすめです。
その際、個人用カードの引落し口座と、法人カードの引落し口座もそれぞれ分けてください。

なぜかというと、クレジットカードを分けるメリットとして

  • 帳簿を付ける際や確定申告の手間が簡素化し、経理作業が楽になる

からです。

たとえ個人事業主でも、帳簿の仕分けや記入は思ったより多いことがあります。
クレジットカードや口座が分かれていないと、思わぬ処理の見落としなどで税務署から指摘を受ける可能性があります。
個人事業主で経費の清算にもクレジットカードを使いたい場合は、必ず分けるようにしましょう。

個人事業主の法人クレジットカードの名義は誰?屋号は付ける?

個人事業主が法人カードを作る場合の名義は、個人となります。
屋号を付けている方でも、法人カードに屋号を付けることは基本的にできません。
種類は法人カードですが、名義は個人となります。

個人事業主でも、クレジットカードは作れる?審査は厳しい?

次に、個人事業主のクレジットカード審査について解説します。
難しいといわれる個人事業主の審査でも、通りやすくするポイントについてもまとめていきますね。

個人事業主だとクレジットカードは審査落ちする?

個人事業主でもクレジットカードは申し込めますし、実際に持っている方もたくさんいます。
ただ残念ながらほとんどのカード会社では、一般的な企業に勤務しているよりも個人事業主の審査の方が厳しいという傾向はあると思います。

なぜかというと、個人事業主の場合

  • 収入が安定しないとみなされることがある
  • 美容院などの実店舗を構えている以外、勤務の実態が不明の場合があり、無職と区別がつかない

などの点で審査が難しく、結果的に審査落ちとなってしまうためです。
特に、事業内容が株取引やインターネット関連などの実店舗を構えない個人事業主の場合、カード会社では判断がさらに難しくなってしまうことがあります。

個人事業主が審査に通りやすくなるポイント

では、実店舗を構えていない個人事業主は、クレジットカードは作れないのか?というと、そんなことはありません。個人事業主がクレジットカードの審査に通りやすくなるポイントがいくつかあるので、解説していきますね。(※確実に審査に通るというわけではありません)

開業届を出し、確定申告する

自営業として開業する場合、税務署に個人事業の開廃業届出書を提出すると、個人事業主として登録され、社会的な信用が向上します。
また、クレジットカードを作る際、場合によっては(キャッシング付帯を希望する場合など)確定申告書の写しや納税証明が必要となることもあり、それが勤務の実態の証明ともなります。
ですので、個人事業主として開業したら、必ず開業届を提出し確定申告をしましょう。

固定電話やホームページを整備する

実店舗を構えている個人事業主以外では、固定電話やホームページを持っている方は少ないと思います。
しかし、クレジットカードの審査には、固定電話やホームページなどは重要なポイントなのです。
特に法人カードの審査では、ホームページやサイトも必ずチェックします。
固定電話は自宅と兼用でも良いですし、ホームページは簡単なもので構いませんが、あるに越したことはありません。ぜひ導入を検討してみてください。

クレジットヒストリーに気を付ける

そして、個人カードであれ、法人カードであれ、クレジットカード審査に何よりも大切なのが、その人自身のクレジットヒストリーとなります。
クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローン、携帯電話の割賦販売を含むクレジットの利用歴のことです。
たとえ個人事業主としての事業が黒字で売上が多かったとしても、個人の直近のクレジット利用歴に支払遅延や金融事故があった場合、個人用クレジットカードも法人クレジットカードも作れません。
支払遅延や金融事故の情報は、CICという信用情報機関に5年間記載されます。
クレジットカードを審査する際、カード会社は必ずCICに信用情報を照会しますので、クレジットヒストリーに十分注意してくださいね。

個人事業主におすすめのクレジットカード

最後に、個人事業主が作りやすいクレジットカードのポイントや、おすすめのクレジットカードについてまとめていきたいと思います。

個人事業主が作りやすいクレジットカードのポイント

まず、個人事業主が作りやすいクレジットカードのポイントについて解説しますね。
個人事業主が作りやすい=審査がゆるめということになりますが、ポイントとして

  • 銀行系ではなく、信販系のクレジットカードを選ぶ
  • キャッシングは付帯しない

という点が挙げられます。

理由として、クレジットカードは銀行系よりも信販系の方が、審査基準が独自なので審査がゆるめだといわれるからです。
また、キャッシングを付帯しない場合はショッピング枠のみの審査となるため、審査は早く・ゆるくなる傾向があります。
反対に、信販系でもキャッシングを希望した場合には、審査に時間がかかり、厳しくなることがありますので注意してください。

個人事業主におすすめのクレジットカード

次に、個人事業主でも使いやすく、さらに審査が通りやすいといわれるクレジットカードをカード会社ごとにまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

ライフカード

個人用:ライフカード
法人用:ライフカードビジネスライト(スタンダード)
ライフカードは銀行系よりも審査が通りやすいといわれる信販系ですが、その中でも特に審査が通りやすいといわれています。
審査が通りやすいからといってカードとしての機能や安全面には問題ありませんので、安心して使ってくださいね。

それぞれのカードの特徴は
ライフカードは

  • 年会費無料
  • 誕生日月はポイント3倍

などの特典があります。

ライフカードビジネスライト(スタンダード)には

  • ネットで申し込みが完結。登記簿謄本や決算書が不要で本人確認資料のみで審査可能
  • 個人事業主やフリーランスも申し込み可能(公式サイトに記載あり)
  • 年会費が永年無料
  • 法人ETCカードも年会費無料

などの特典があり、特に法人カードは個人事業主でも申し込みやすく、使いやすいカードです。
デメリットとして法人カードの「ライフカードビジネスライ」トにはポイントが付かないのですが、それ以上に個人事業主にとっては使いやすい点が多く、ライフカードはとてもおすすめです。

楽天カード

個人用:楽天プレミアムカード
法人用:楽天ビジネスカード
※楽天の法人カードとなる「楽天ビジネスカード」は単体で持つことができません。
個人用の「楽天プレミアムカード」を持っている方のみ、「楽天ビジネスカード」を申し込むことができます。

楽天カードも信販系となり、審査が通りやすいといわれています。

それぞれのカードの特徴は、
楽天プレミアムカードは

  • 楽天プレミアムが1年間無料で使える
  • ポイント最大5倍(誕生月は最大6倍)

などの特典があります。

楽天ビジネスカードには

  • ポイント還元率が1.0%なので、個人カード並みにポイントが貯められる
  • 誕生日月はポイント3倍
  • 年会費4万円相当の、世界中の提携空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス無料付帯
  • 個人事業主でも申し込み可能

などの特典があります。
楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードは年会費を併せると12,960円となってしまうのがデメリットではあります。
しかし、ショッピングが多い方はポイントを貯めやすいですし、飛行機での出張が多い方にはラウンジが使えるなど、年会費以上の魅力があるカードだと思います。

オリコ

個人用:オリコカード・ザ・ポイント
法人用:EX Gold for Biz S
オリコも信販系で、審査には通りやすいといわれています。

それぞれのカードの特徴は
オリコカード・ザ・ポイントは

  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率が基本1.0%
  • オリコモール経由でさらにポイントがアップ(最大17.5%)

などの特典があります。オリコモールにはアマゾンや楽天もあり、使い勝手が良いです。

EX Gold for Biz Sは

  • ゴールドカードなのに年会費が2,000円(初年度0円)
  • 国内の主要空港ラウンジが利用できる
  • ポイント還元率0.5%

などが特典となります。
特に法人カードの「EX Gold for Biz S」は年会費が2,000円なのにゴールドカードとなっており「年会費にはお金をかけたくないけど、ステイタスが欲しい」という個人事業主の方にはおすすめです。

まとめ

この記事では、個人事業主の方のクレジットカードについて、おすすめの基本的な持ち方や審査のポイントなどを解説しました。
さらに、個人事業主でも使いやすく、審査が通りやすいといわれるクレジットカードについてもまとめました。

個人事業主は一般企業に勤める方と比べると、クレジットカード審査が厳しくなる傾向がありますが、審査に落ちにくいポイント「開廃業届出書の提出」「固定電話やホームページの整備」「クレジットヒストリーに気を付ける」を行うことで、通りやすくなります。
また、銀行系よりも信販系のクレジットカードの方が、個人事業主でも審査通りやすいといわれています。中でもおすすめは、「ライフカード」「楽天カード」「オリコカード」の3つです。
ビジネス用のカードとして、使い勝手の良いクレジットカードを選んで、活用してくださいね。