個人事業主として開業するのであれば、是非持っておきたいものがあります。それは「屋号」です。屋号というのはどのようなものなのでしょうか。

よく、聞いたことがあるという人もいるかもしれません。実際のところ、どのようなものなのかは「いまいちよくわからない」という人も多くいます。

そこで今回は、個人事業主ならぜひ持っておきたい屋号というものがどのようなものなのかという部分と、屋号を持つことのメリットについて紹介していきます。

そもそも屋号とは?

そもそも屋号とはどのようなものなのでしょうか。屋号というのは原則的に個人事業主が名乗る、お店の名前や地形の名前です。言ってみれば会社名なのですが、この場合、個人事業主は屋号として名乗ることになります。

なぜかと言うと法人化している会社については、会社の法人自体が1人の人として認識されることになりますので、全体的な意味を込めて会社名という名前を持っているわけです。

対する個人事業主については、ある1個人が自分の責任においてビジネスをしているということになりますので、本名以外に何か自分の事業を表す名前を名乗ることが許されているといったイメージです。

会社名と違うのは法人格の名称を例えば株式会社であったり有限会社であったり、社団法人などの名前がつかないこと。そのためこれを逆に考えると、法人格のある会社名よりかなり柔軟に名前をつけることができるというメリットもあります。

さらに、ある程度、登記変更等の手続きをすることなく自由に変更できるケースもありますので、そういった部分でも柔軟に対応することが可能です。

それでは、一体この屋号はどのような名前をつければ良いのでしょうか。

この次の項目でその辺りの部分について紹介していきます。

店名や事務所名を屋号にするパターン

よくあるのはお店の名前や事務所の名前など、現在自分が個人事業主として活動している事務所の名前を屋号にしてしまうパターンです。

例えばよくある○○豆腐店あるいは、○○釣具店などについては、事務所の名前をそのまま屋号にしてしまっているパターンです。

これについては、覚えてもらいやすいというメリットがあり、また、古くからこういった屋号の付け方は行われてきましたので、歴史のある個人事業だという印象づけも可能です。

事業内容を屋号にするパターン

事業内容を屋号にしてしまうパターンもあります。例えばドラマなどでよく見る○○家政婦紹介所などについては、家政婦を紹介するところという事業内容をそのまま屋号にしています。

これは非常に覚えやすく、どのような職業なのかがすぐ分かることから人気の屋号の命名パターンと言えます。

ただし、このパターンのデメリットは事業主が名前を覚えてもらうことが難しいこと。

事業内容はすぐ理解してもらえるものの、だれがこの商売をやっているかという部分までは覚えてもらえないケースがあり、こうなった場合にはなかなか実際の注文や連絡には繋がらない可能性もあります。

ある程度、名前と一緒にセットで売り出すようにするなど戦略を練ることが求められます。

その他好きな名前をつけるパターン

その他好きな名前をつけるパターンというものも存在します。例えば最近流行りのカタカナの名前で何かをつけるパターン。自分の好きな物やあるいはその他姓名判断の結果などで良いとされる名前をつけるなど、非常に自由度が高いので、個人事業主としてビジネスをする上でメリットと言えます。

やはり自分の事業の名前が好きなものでなければモチベーションも上がりませんので好きな名前をつけるというのもおすすめです。

ただし、この場合には名前と職業がマッチしないケースがあるので、公式ホームページなどでなぜこの名前になったのかというような説明を付け加えておくと、お客様に名前を覚えてもらいやすく、理解もいただけるようになります。

覚えてもらう事が大前提

このように屋号の付け方には様々なパターンが存在しますが、まず、大前提として覚えておきたいのはお客様に屋号と自分のビジネスを覚えてもらい、お客様になっていただくということです。

明らかに長すぎて名前を覚えることができないような屋号だったり、その他よくわからないような屋号をつけてしまうと、それだけで顧客離れにつながってしまう可能性もありますので、地域性や顧客層等を考えた上で慎重につけるようにしてください。

特に、高齢者の方を対象としたビジネスを行う場合には出来る限り日本語を使い、分かりやすい名前の屋号をつけることが重要です。

また、介護関係の個人事業については、花の名前を使うなど覚えてもらいやすい工夫がなされているのも特徴の1つです。

業界によっては名前の付け方にもある一定のコツのようなものがありますので、覚えておきましょう。

場合によっては振込先名義に屋号が使えるケースも

屋号を振込先の名義に使うことができる場合もあります。

通常こういった振込の名義は口座名義をそのまま使うことになりますので、個人事業主の場合は、特に、その事業をしている事業主の本名で振り込みを受けることになります。

これではあまりにも個人情報の保護ができない、ということで最近では屋号と事業主の本名を合わせて併記することで通帳を作ることができるケースが増えています。

この場合は、屋号の振込み名義だけでも入金をしてもらえるケースがありますので、柔軟に対応することができます。

この点については銀行や金融機関によって大きく対応が異なりますので、まずは、お近くの銀行などに相談してみてください。

まとめ

今回は個人事業主が事業に対してつけておきたいビジネスネームのようなものである、屋号について紹介してきました。この屋号がなければやはり個人事業主としても面白みにかけてしまいます。

屋号の付け方には様々なパターンがあるとご紹介をしてきましたが、大原則としてはやはりお客様に覚えてもらい末永くビジネス上の付き合いをしていただけるような名前にすることが肝心といえます。