ビジネスを行っていると必ず行わなければならないのが納税です。つまり税金を支払うということはビジネスマンにとって絶対に行わなくてはならないことになっています。

そしてこれらの税金関係についてのエキスパートといえばそうです、税理士です。この税理士の先生は経営者の味方です。

そんな税理士の先生に様々なことを依頼するとなるとどのくらいの相場でやってもらえるものなのでしょうか。会社員時代には税理士の先生とは特に関係がなかったのでいまいちこの辺りの事がよくわからない、という方も多くいらっしゃることでしょう。

また、経営者の立場から税理士の先生との面談が必要になっているという方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、経営者の味方である税理士を雇うのにかかる費用相場について公開していきます。

経営者たるもの納税は義務

まず、経営者たるもの納税は義務です。これは絶対に変わりません。
というものの、その納税も現代の日本のシステムは非常に複雑になっており、きちんとエキスパートが適切な計算を行わなければ税金の払い過ぎということになる可能性もありますし、あるいは税金を支払い忘れて思わぬペナルティを受けてしまうことも十分に考えられます。

特に、税金の払い忘れや本来払わなければならない税金を滞納してしまうと行政処分の対象になることも十分に考えられます。そうなると取引先などに一斉に通知が入ってしまうこともあります。そうなってしまってはせっかく今まで積み上げてきたビジネスの信頼も一瞬にして崩れ去り、取引停止を突きつけられてしまうこともリスクとして十分に考えなくてはなりません。

そういった状況を避けるためにもやはりエキスパートである税理士の先生に依頼をするというのは経営者として考えなくてはならない重要なポイントとなります。

税理士は税金を計算し、会社に利益を残す立役者

税理士の先生は税金を計算するだけではなく会社の業務の実態がきちんと回っているかどうかのチェックを行う業務も行ってくれます。これを訪問業務などと言いますが、この訪問業務の時に様々な相談をすることで税制のポイントを社長さん自体が抑えることができるようになっています。

また、節税に関する対策や様々な融資に関する助言を与えてもらうことができるのもこの訪問時のメリットの1つです。

そして、日々の金銭の出し入れに関して記録に残す記帳業務というものがありますが、この記帳業務に関しても税理士の先生が代行してくれるケースがあります。この場合は様々な伝票や領収書請求書などを税理士の先生にほとんど丸投げして見てもらうことになりますので、より詳細に自分の事業がどのような状況かということを税理士の先生に把握してもらうことができるというわけです。

その上で何か問題があれば税理士の先生から助言を受けることも可能です。この日々の助言があったからこそ資金繰りで大変助かったと感想を述べる経営者の方が多いのも事実です。

なお、もちろんここまでお金に関する内容を見てくれるわけですから、給与計算についても税理士の先生にお願いすることができます。場合によっては経理のスタッフを雇うよりも税理士の先生や税理士の先生の事務所の方に給与計算をお願いした方が安上がりだというケースもありますので、この辺りについてもきちんとプロの手を入れておくというのも盤石な事業経営の一歩と言えるでしょう。

そして忘れてはならない年に一回の大イベントである決算の時にも、税理士の先生には様々なご協力をいただかなくてはなりません。ビジネスをやっていると一年に一度、決算の時にその年の売上高つまり年商が確定しますのでその時にはこれらのデータをもとに税金もまた確定することになります。

税務申告についてもプロの手でやってもらった方が何かと効率的で、自分1人でやってしまうと不備があったということが多々あり、そのために余計な時間や金銭的なコストがかかってしまうケースも十分に考えられます。そのため最初から税務申告については税理士の先生にお願いした方がお得なのです。

税理士との契約形態はスポットと顧問契約がメイン

それではこういった業務について税理士の先生にお願いするにあたってどういった契約の方法があるのでしょうか。

基本的には、顧問契約という形で毎月2万円から3万円程度で税理士の先生に会社の財政を見てもらうという契約方法と、年に1度だけ税務申告に必要な書類の作成のみ税理士の先生にお願いするというスポット契約という方法があります。

スポット契約の場合はおよそ顧問契約をしている時の月額顧問料の4ヶ月分に相当する金額プラスアルファで受けてもらうことが可能です。

もちろん会社の規模や売上高が上がるにつれ業務量が増えるので、契約料金も上がると思ってもらって差し支えありまえん。しかし、全て一人でやるよりも時間も手間も省け、間違いなく各種手続きをしてくれますからその分自分のビジネスに専念することができますね。

まとめ

この様に、税理士の先生は日々のビジネスから決算期、さらには融資までと会社経営者をサポートしてくれる必要不可欠な存在です。もちろん税理士には守秘義務がありますので、会社の内情がそこから漏れるといった心配もいりません。まずは近くの税理士事務所に、挨拶と見積もりの依頼がてら訪問してみるのも良いでしょう。