ビジネスを行う際にやらなければならないことは、やはり集客ではないでしょうか。

そして、その集客を行うのに1番効率的と言っても決して過言でもないツールがありま
す。それがメルマガです。

以前はメルマガを配信するには様々なシステムを組む必要がありましたが、現在ではメルマガスタンドというサービスを利用することによって効率的に、かつ、簡単にメールマガジンを配信することが可能となりました。

このメルマガスタンドは独立開業、起業にとって最強のツールといえます。
そこで今回は、メルマガスタンドの選び方を徹底的に解説していきます。

メルマガと他の集客方法の違い

メルマガスタンドを使って配信するメルマガと他の集客方法との違いについて解説をしていきます。

メールマガジンというのは基本的に、1対1のコミュニケーションというのが基本形です。

もちろん送信する側から見れば一括で様々なところにメールを配信していくことになるわけですが、受け取る側にとっては配信者という1人の人間あるいは企業体からメールが来るので、お手紙で文通しているのと大きな変わりはありません。

事実、メルマガ畑で集客に成功している某・茨城発祥で全国展開中の豚骨系ラーメン店は、メルマガ配信の担当者を一人に定め、その担当者がお客様にメールを送る形でメルマガ配信を続けた結果、今ではメルマガが立派な集客ルートの一つに育ちました。

つまり、お客様との距離が徹底的に近くなる、というツールがメールマガジンなのです。

ただし、メールマガジンは配信の方法によってはただのダイレクトメールとして受け取られてしまいかねません。一般的な広告と同じ様に運用していれば、必然的にそうなります。

通常一般的な広告手法については、そこまで細かいカスタマイズはできません。

せいぜいカスタマイズできたとしても広告を出稿するメディアや媒体、そして、その時間帯、さらにデザインなどがせいぜいです。これがダイレクトメール化の原因です。

うまくカスタマイズされたメールマガジンについては、配信する時間帯は分単位で、しかも人によって分けることができます。

さらに、相手先の名前を随所に織り込むことができ、過去にそのユーザーが購入した商品のアフターケア及び購入のお礼などもほとんど自動で配信をすることが可能です。

お誕生日には、お名前と共にお誕生日を祝うメッセージが自動で送信されるように設定することも可能です。

メールマガジンと他の集客方法の最大の違いは、通常の広告が1方向の情報伝達であることに対し、メールマガジンは設定によっては双方向のコミュニケーションが取れるというところです。

つまりメールマガジンに対してお客様が独自に変身することが可能なのです。

その返信についてさらにお返事をする、あるいは個別にメールでの対応ができるようになります。

これは裏を返せばお客様をほとんど1本釣りのような形で販売成約まで持って行くことができるということ。いまだかつてここまで「個人」という部分を見た広告手法はあったでしょうか。

そして、ここまでコンバージョン率の高い、あるいはコンバージョン率を極限まで高めることができる集客方法があったでしょうか。

イメージ的には、対面営業の営業力とダイレクトメールの拡散力を掛け合わせたようなイメージです。

お客様と親密なお付き合いをすることが望ましい業種であれば、メールマガジンの配信は今やマストと言えるでしょう。

メルマガは起業にとって最強のツール

メールマガジンは起業にとって最強のツールです。
他の広告処方との違いについては、先ほどご紹介してきました。その他にもコストがかからないという点が独立開業当時は嬉しいポイントです。

普通はダイレクトメールなどを配信するとなると1通あたりいくらという形で非常に多くの資金がかかります。

それでいてその広告を実際に読んでもらうことができるかどうか・あるいはその広告に対する反応がどうであったか、というのはあまり詳しいところまで見ることはできません。

せいぜい、電話がかかれば広告を読んでいただけたとわかるくらいでしょうか。

それに対してメールマガジンはこういった紙媒体でのダイレクトメールなどの拡散に比べてコストが格段に安く、固定のメールアドレスのリストさえあれば、メルマガスタンドの利用代金のみで配信をすることが可能です。

そして、その配信数もリストがあればあるだけ配信することができますので、1度に5万部あるいは10万部、多ければ100万部以上の配信もざらにあります。

ボタン一つで、10万人の「自社に興味があるお客様やお得意様」に、お客様のお名前と、興味があるであろう自社商品の営業入りで個別メールを届けることが出来るのです。

メールマガジンにURLを記載しておけばそのURLのクリック率についても、計測することが可能です。実際にいつそのメールが開封されたか・あるいはどのお客様がどの時間帯にメールを開封し、どの時間帯にどのURLをクリックしたか、などお客様の行動がそれぞれ手に取るように数値化されていき、より詳細な広告戦略を構築していくことが可能となっています。

反応率が良かったURLは次回以降も使うことが可能ですし、仮にURLに対して反応率が悪いということであれば、広告の訴求方法を変えていくということも柔軟に対応できるわけです。

ここまでコストパフォーマンスがよく、かつ速報性に優れ、結果的にコンバージョン率も高いメールマガジンは起業にとって最強のツールです。

なお、メールマガジンはきちんと配信先のお客様との関係性が構築できていれば、その反応率は5%を超えることも決してレアケースではありません。

メールを10万人に一斉送信して、およそ24時間で5000人から商品購入の問い合わせが来るということも、決して夢物語ではありません。もう何度も、こういった光景を目にしてきました。

1コンバージョンあたりの利益が500円だとすれば、一瞬にして250万円の利益というのも充分に可能性があります。

メルマガスタンドとは?

メールマガジンを配信する上で重要なメルマガスタンドとは何か?について紹介していきます。

メルマガスタンドというのは、いわゆる大手の「まぐまぐ!」や「メルマ」など無料のメールマガジンスタンドと、独自配信を行うことができるシステムを提供している「エキスパ」などの有料独自メールマガジンスタンドに分かれます。

どちらも原則的にはメールマガジンの配信作業やシステムを提供してくれるようなイメージです。

実際問題、数万のメールアドレスに対して一括してメールを送信するという作業は非常に回線もシステムも頑強なものでなければ耐えられません。

通常のパソコンから無理やり自動化して送信しようとしても、せいぜい一度に250件程度が限界でしょう。それ以上は、パソコンが耐えきれないか、回線あるいはメールサーバーが耐えきれないケースがほとんどです。

これらの問題を解決できる、頑強な専用システムを提供してくれるのがメールマガジンスタンド、というわけです。

ただ、無料メールマガジンスタンドになると、多くの方がそこでメールマガジンを配信していますので、メールマガジン同士でのコラボレーション企画やお互いにお互いのメールマガジンを紹介しあう、いわゆる相互紹介という形で読者の増加などを狙うことが可能です。有料スタンドではこれができないケースがほとんどです。

一方で、無料メールマガジンスタンドでは有料のメールマガジンスタンドのように細かい配信設定を行うことはできませんし、場合によっては、個人情報保護の観点から読者のメールアドレスがわからないような形で配信しなければならないというケースもあります。

ちなみに、メルマガのプロは状況に応じて無料メルマガスタンドと有料メルマガスタンドを併用して読者の増加ルートを持ちつつ営業をかけていくスタイルを取る、あるいはそうコンサルするケースがあります。

メルマガスタンドに絶対に欲しい機能は?

起業をするのであれば、メールマガジン。メールマガジンをするのであれば、メルマガスタンド。

ということでメルマガスタンドはメールマガジン配信において重要なものであることがおわかりいただけたかと思います。

さらにここではメルマガスタンドに絶対に欲しい機能についてご紹介します。

メルマガスタンドにおいて絶対に欲しい機能は結論から言うと3つに絞られます。

まず、1つは配信時間の設定機能、つまり予約投稿機能です。

これにより原稿をストックし、自動的に時間が来たらメールマガジンを配信してもらうことが可能です。

続いてメールアドレスに紐付いた行動履歴を読むことができるデータベース機能です。

例えばいつそのメールマガジンに登録があり、その登録したルートはどこで、メールマガジンはいつ開封されているのか、というデータを蓄積することができるデータベースがあります。このデータベース機能を利用することができるメルマガスタンドを選ぶことが重要です。

最後に絶対に欲しい機能はグループ分け機能です。

例えば同じメールマガジンに登録している読者の方でも頻回にその商品を購入している、いわゆるお得意様。

さらに、購入したことはあるけれども2回目の購入につながっていないというお客様。

さらに、これから購入を初めて行うという見込み客のお客様。

最低限、この3つのセグメントに分けてメールを配信することができれば、より効率的にお客様に合ったメールマガジンを配信することができるようになります。上記3つの機能は絶対に欲しいところですね。

メルマガだけで食べている起業家もいるってホント?

メルマガだけで食べている起業家もいるって本当なのでしょうか。これは本当です。

というより独立開業した当初からメールマガジンに着目し、メールマガジン上での営業活動にリソースを集中した結果通常の方法で営業していくよりもはるかに営業成績がよく、それだけで生活することができるという方も多くいらっしゃいます。

むしろ、メールマガジンは日本国内ではビジネスの方面に使われ出して20年程度と歴史が浅いのですが、海外ではインターネットの発達とともにメールマガジンでのビジネスが爆発的に普及し、今や世界的な投資家やビジネスマンもその当時から効果的にメールマガジンを使用しています。

まとめ

メールマガジンは独立開業にとって最強のツールであり最大の味方です。インターネット上の自動販売機という表現がよく、ありますが、メルマガは自動販売機ではありません

しかし、あなたの最強の営業マンです。

というより、あなたのビジネスを1番よく知っている「あなた自身」が数万あるいは数10万に分身して、直接お客様に売り込みをかけていくような「レバレッジを効かせることができる」イメージでよろしいでしょう。

このようなツールを使っていくことでビジネスを始めた当初の顧客獲得、あるいは固定客のアフターケアがメールマガジンで行える、というわけです。