起業したり、会社を設立してしばらく経つと
「法人カードがほしい」
と考える方は多いですよね。

法人カードのメリットは、

  • 経費の支払い方法をカード払いにすることで、立替の必要がなく清算を簡単にでき、事務手続きが楽になる。
  • 現金を持ち歩く必要がなく、安全。
  • 経費の支払いがその都度ではなく、毎月決まった引き落とし日だけなので、資金繰りに余裕ができる。
  • カードによっては、ポイントやマイル、付帯保険などのサービスを受けられる。
  • カードや契約によっては、急な出費にも対応できるキャッシング機能をつけられる。

などの魅力的な点がありとても便利に使えるため、事業を運営するなら1枚は持っていたいものです。

ただその一方、特に法人カードを初めて作る場合は、

  • 法人カードの審査ってどんなことをするの?経営状況は関係ある?個人事業主や自営でも大丈夫?
  • 法人カードの年会費って高いの?無料のものもある?
  • 法人カードでポイントやマイルは貯められる?

など、色々な不安や疑問も多いと思います。

そこでここでは、
以前クレジットカード会社に勤務しており法人カードを担当していた私が、

  • 法人カードの審査内容
  • 法人カードの年会費の相場
  • 法人カードのポイントやマイルの貯め方、使い方

などを解説したうえで、
「おすすめの法人カード」を、紹介していきたいと思います。

初めて法人カードを作ろうと思う方でも気軽に法人カードを申込めるように解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

法人カードを作れる条件や、審査内容について解説!個人事業主も大丈夫?

法人カードの審査には、法人としての業歴や経営状況はもちろんですが、もっと重要視される点があります。
その点についても解説していきますね。

法人カードって誰でも作れるの?赤字経営や、業歴が浅くても大丈夫?

ほとんどの法人カードは、個人事業主や自営の方、社員数が少ない中小企業でも申込むことが可能です。(ただし中には、法人経営者の利用のみに限定されたカードもあります。)

法人カードで審査される経営状況については、公表されているわけではありませんが

  • 業歴は3年~
  • 過去2年~は黒字経営であること(決算書の提出を求められることがある)

くらいが目安と言われています。

ただし、カード会社によっては、

  • 起業直後でも問題なく法人カードが作れる
  • 決算書の提出の必要がない

場合もありますので、起業間もない場合でも諦めないでくださいね。
もし、起業間もないけれど法人カードがほしい場合は、下記のようなカードを検討してみてください。
→業歴が浅くても申込みやすい法人カードを見てみる

#i-2#i-2#_1法人カードの審査内容で一番大事なことって?

法人カードなので会社の業歴や経営状況が一番大事だと思われがちですが、実は、法人カードを作るためには、それよりも大切なものがあります。それが
「代表者個人のクレジット利用歴(クレジットヒストリー)」
です。

法人の経営状況がいくら黒字で良好だったとしても、代表者の直近(2年間くらい)のクレジット利用歴に支払遅延があったり、金融事故があったりしたら、法人カードはまず作れません
また、私がカード会社で法人カード審査を経験した中では、代表者のクレジット利用歴審査は、個人カードを作るよりも法人カードを作る方が、基準が厳しかったです。
(例えば、軽度な支払遅延なら個人カードなら問題なく作れることが多いですが、法人カードは厳しく、作れなかったです。)

ですのでこれから法人カードを作りたいと考えている方は、十分注意してくださいね。

【参考】今までに支払遅延や金融事故を起こしてしてしまったけど、法人カードがほしい場合の対策
一般的にクレジットカード会社が信用情報を照会するはCICという機関です。
CICの情報は5年で消えるので、遅延や事故より5年経てば、理論的にはカードを作れることになります。
しかし私の経験上、CICの情報は消えたとしても、事故を起こしたカード会社のシステム上ではブラック扱いとなり、その情報は5年以上(半永久的に)残ります。
なので、もし金融事故等を経験した方は、事故を起こした会社とは別の会社を選ぶと審査が通りやすいかもしれません。

法人カードの年会費の相場って?無料のものもある?

法人カードの年会費は、無料や1,000円程度の安いものから、10,000円以下の手ごろなもの、30,000円以上の高額なものなど、カードによって幅広く設定されています。

年会費が無料の法人カード

法人カードのほとんどは年会費が有料ですが、中には年会費無料の法人カードもあります。
年会費が無料の法人カードは無料で気軽に申込める反面、デメリットはポイントやマイル、付帯サービスがあまり充実していない点です。
ただ、カードとしての機能は十分ですので、試しに持ってみたい、付帯サービスは重視しない、と言う方には、年会費無料のものがおすすめです。
→年会費が無料の法人カードを見てみる

年会費が1,000円以上10,000円以下の法人カード

年会費が1,000円以上10,000円以下の法人カードは各社から多く発行されています。
年会費が有料になると、ポイントやマイル還元ができたり、付帯サービスが付いていたりと、カードの機能+αの特典が様々で、よりニーズに合ったカードが選べると思います。
デメリットとしてはカードの種類が多く、選ぶのが大変になる点です。
年会費の料金と特典のバランスが、求めているニーズに合っているかどうか、よく考えて選ぶと良いです。
年会費が1,000円以上10,000円以下の法人カードを見てみる

年会費が10,000円以上の法人カード

年会費が10,000円以上になると、プラチナカードやAMEX、ダイナースなどの、いわゆるステータスカードも選ぶことができます。
年会費が高額なものには、ポイントやマイル還元率が良かったり、付帯サービスが充実していたり、と、年会費が10,000円以下のものと比べさらに特典が充実しています。
デメリットはカードによっては年会費が30,000円、50,000円と高額になりますので、特典をあまり使わない、使いこなせない場合はもったいないです。
→年会費が10,000円以上の法人カードを見てみる

法人カードの年会費は様々なので、単に年会費が高い安い、で決めるのではなく、年会費と付帯サービスとの兼ね合いをよく考えて、自分の希望にあったものを選ぶと失敗が少ないですよ。

法人カードでポイントやマイルは貯められる?誰が使っても良いの?

普段、個人でクレジットカードを使うと、ポイントやマイルが貯まりますよね。法人カードの中にも、ポイントやマイルが付帯されているカードがあります。貯め方や使い方について、解説していきますね。

法人カードのポイントの貯め方や使い方

カードによっては、法人カードでもショッピングポイントが付きます。
ポイント還元率は、個人カードよりも低めに設定されていることが多く、0~0.5%とされていることがほとんどです。ただし中には、1.0%の高還元率のカードや、決められたショップやネットモールで使うとポイントが倍増する場合もあります。
→ポイント還元率が高い法人カードを見てみる

では、法人カードのポイントは誰がどのように使ったらいいのか?という点ですが、ポイントは現在のところ、処理の方法について税務上の定めがないため、誰がどう使っても法的には問題はありません。

ただし中には、法人格名義の法人カードのポイントの私的利用を、横領罪だという人もいますし、今後ポイントがどのように扱われていくかと言うのは、誰にも分かりません。
なので、個人事業主の方が自分名義の法人カードのポイントを使うのには問題ないと思われますが、法人格名義のカードでは、ポイント利用は個人的にではなく、雑収入として経費に使った方が良さそうです。

法人カードのマイルの貯め方や使い方

法人カードで貯めたマイルは、個人マイルへ移行することができます。(そもそも、マイルは個人にしか付与できません)
ただ法人カードの中には、ショッピング利用のポイントはマイルへ移行できない法人カードもありますので、注意が必要です。
ショッピング利用でもマイルを貯めたい場合は、ポイント移行可能なカードを選ぶと良いでしょう。
→ショッピングポイントをマイルに移行できる法人カードを見てみる

ただしこちらも、ポイントと同じように、個人事業主なら問題はないかと思いますが、法人格名義の法人カードであれば、個人マイルへの移行はやめておいた方が無難でしょう。

法人カードの賢い選び方のポイントと、おすすめの法人カード

法人カードは色々な会社から、様々な種類のものが発行されています。
その中でも、カード会社で法人カードを担当していた私が、失敗しない法人カードの選び方のポイントと、おすすめの法人カードについて解説していきますね。

失敗しない法人カードの選び方のポイント3つ

国際ブランドはVISAかMASTERから選ぶ

クレジットカードには、VISAやMASTR、JCBなどの国際ブランドが付いていますが、VISAかMASTERのどちらかを選ぶようにしてください。
なぜかというと、JCBやAMEXは、国内でも国外でも加盟店の数が少ないからです。(加盟店手数料が高いため、加盟している店が少ない)
いざ使おうとしたときに、使えない…となると、カードを持っている意味がありません。
なので、加盟店数が多い、VISAかMASTERから選ぶようにしてくださいね。

ステータスに惑わされない

よく、法人カードのサイトを見ていると、
「プラチナカードだとステータスがあり、取引先に良い印象を与え、ビジネスにプラスになる」 だったり、
「AMEXやダイナースの法人カードを持っていると、安定した会社だと思われる」
などと書かれていることがあります。

ですが、人が出したカードをそんなに見ている人なんていません。
プラチナなのか、AMEXがついているのかなどは、カード会社勤務でもない限り一瞬のうちに判定できることは、ほぼないと思います。

プラチナやAMEXなどのステータスが高いと言われるカードは、年会費が高めのことが多いです。
カードそのものに魅力を感じて契約するなら別ですが、そうでない場合は、ステータスについて考慮する必要は全くないと思いますので、ステータスに惑わされて、高額な年会費を払い続けることのないようにしましょう。ゴールドカードであれば年会費が安いものがいくつかありますので、そちらを検討しましょう。

使いこなせない特典に年会費を払わない

法人カードを検討し始めると、どの特典も魅力的に思え、あれも使いたい、これも使いたいと目移りしてしまうことも多いです。
ですが、特典は多すぎても、使いこなせないです。
年会費と特典とのバランスを考え、使いこなせない特典には無駄に年会費を払わないようにしましょう。

おすすめの法人カード

ここからは、おすすめの法人カードについて解説していきたいと思います。初めて持つ方や、個人事業主でも申込みやすいカードなども、ご紹介していきますね!

初めての1枚におすすめの法人カード

初めて法人カードを持つ方におすすめしたいのが、三井住友カードが発行している
三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード です。

こちらのカードの主な魅力は、

  • 年会費が1,250円(初年度0円)
  • 審査もあまり厳しくないと言われている
  • 三井住友という信頼性の高い会社なので、一枚持っているだけでも安心感がある
  • ポイント還元率0.5%

という点で、とてもバランスが良いカードです。
年会費も安く、個人事業主もOKなので、気軽に申込みやすい一枚です。

年会費と特典のバランスが良く、コスパが良い法人カード

特典も魅力的で年会費も安めで、コスパが良いカードが、オリコが発行している
EX Gold for Biz S です。
(EX Gold for Biz Sが個人事業主向け、EX Gold for Biz Mが法人向けです。)

こちらのカードの主な魅力は

  • ゴールドカードなのに年会費が2,000円(初年度0円)
  • 国際ブランドがVISA、MASTER選べる
  • 審査が厳しくない
  • 国内の主要空港ラウンジが利用できるなど、特典が多い
  • ポイント還元率0.5%

という点です。
ゴールドなのに年会費も安く、特典も色々ついており、とてもコスパの良いカードです。

業歴の浅い個人事業主でも作りやすいカード

起業して間もなかったり、業歴の浅い個人事業主でも作りやすいのが、ライフカードが発行している
ライフカードビジネスライト(スタンダード)です。

こちらのカードの主な魅力は、

  • ネットで申込みが完結
  • 年会費が永年無料
  • 法人ETCカードも年会費無料
  • 個人事業主も申込みOK

という点です。

審査も厳しくないと言われているので、起業間もない方でも申込みやすいカードとなっています。ただし、年会費が無料の代わりにポイント還元率が0%なので、注意してください。

ポイントを貯めやすい法人カード

ポイントを貯めるのに一番おすすめのカードが、楽天カードが発行している
楽天ビジネスカード です。
(※楽天ビジネスカードは単体で持つことができず、個人用の楽天プレミアムカードを持っている方のみ、申込むことができます。)

こちらのカードの主な魅力は

  • ポイント還元率が1.0%なので、個人カード並みにポイントが貯められる
  • 誕生日月はポイント3倍
  • 世界中の提携空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス無料付帯

という点です。
ただし、年会費が12,000円(楽天プレミアムカードと合算)と高額なことと、複数枚のカードは発行できないので、その点がデメリットではあります。
ですが、ポイントは非常に貯めやすいため、ショッピング利用が多い方にはおすすめです。

マイルを貯めやすい法人カード

マイルを貯めやすいとしておすすめなのが、ANAとJCBが提携して発行している
ANA JCB法人カードです。

こちらのカードの主な魅力は

  • 年会費2,250円(初年度0円)
  • フライトでマイルが貯まる
  • 入会や継続でボーナスマイルがもらえる
  • ANAカード会員専用運賃・ビジネスきっぷが利用できる
  • ポイント還元率が0.5%
  • ショッピングポイントをANAマイルに交換できる(※移行手数料あり)

という点です。
フライトマイルも貯めることができるので、マイルを貯めたい方、出張が多い方にはおすすめの一枚となっています。

まとめ

法人カードは、審査や申込みや面倒と思われがちですが、個人事業主や起業間もない方でも申込めるものが多くありますし、個人カードを持つような気軽さで申込むことができます。
年会費も無料のものや安いものもあり、法人には嬉しい特典も付帯されていたりしますので、1枚持っておくと便利に使えると思います。
この記事では、法人カードの審査の内容や賢い法人カードの選び方のポイントを、クレジットカード会社に勤務していた私が解説しました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。