起業したり、商売を始めると、売掛金という言葉を耳にすることが出てくると思います。
しかし、売掛金という言葉は聞いたことがあっても

  • 売掛金とは具体的にどういうもの?
  • 売掛金と未収金はどう違うの?
  • 売掛金はいつまでに回収すれば良いの?時効はある?

など、具体的にはよく分からない点も多く、様々な疑問が出てきてしまいますよね。

そこでこの記事では

  • 売掛金とは分かりやすく言うと何?売掛金の基本

について解説したうえで

  • 売掛金の回収はいつまでにすればいい?売掛金に時効ってあるの?
  • 掛取引のメリットとデメリット
  • についてまとめていきたいと思います。

    売掛金とは分かりやすく言うと何?売掛金の基本

    最初に、売掛金の基本についてまとめていきたいと思います。

    売掛金とは簡単に言うと何?

    売掛金とは、商品やサービスを提供した際、その場では代金の支払いを受けずに、
    「後日代金を受け取る権利」
    のことを言います。
    特に、企業間の取引で商品やサービスの提供が頻繁にある場合は、ある程度の期間(多くは1ヶ月程度)の取引の分をまとめて後日支払ってもらう、ということが多いと思います。
    そのような場合の、商品やサービスは提供したけれども、まだ支払いを受けていない分の債権が「売掛金」となります。
    反対に、こちらが商品やサービスの提供は受けたものの、まだ代金の支払いをしておらず、後日支払う場合は「買掛金」となります。
    このような、売掛金や買掛金を使う取引のことを、掛取引と言います。

    売掛金と未収入金の違い

    売掛金と似ている言葉に、「未収入金」というものがあります。
    違いを簡単に解説すると

    ・売掛金とは…商品の販売やサービスの提供など、その企業のメインとなる営業活動から発生した代金
    ・未収入金とは…不動産や固定資産、消耗品の売却など、その企業のメイン以外で発生した代金(例えば、不動産の売却などで発生した代金など)
    となります。
    売掛金も未収入金もどちらも後日受け取る代金のことですが、明確な違いがありますので、混同しないようにしましょう。

    売掛金の仕訳の方法

    売掛金は「後日代金を受け取る権利」のため、資産に含まれます。
    仕訳の例としては
    ①10,000円の商品を販売し、代金は後日回収する売掛金とした場合、
    借方…売掛金 10,000円
    貸方…売上 10,000円
    となります。

    そして、売掛金の回収期日では
    ②期日となり、売掛金を現金で回収した場合、
    借方…現金 10,000円
    貸方…売掛金 10,000円
    となります。

    売掛金はいつまでに回収すれば良い?売掛金の時効とは

    掛取引では、あらかじめ代金を支払う期日を企業間で取り決めしてから取引します。しかし、取引先の経営状態の悪化などにより代金の回収が難しい場合もあります。
    その際、気を付けなければいけないのが売掛金の消滅時効です。実は売掛金には、消滅時効が設定されており、時効となると請求することができません。
    そちらについて、解説していきますね。

    売掛金には消滅時効がある

    売掛金には消滅時効が規定されており、ある一定期間を過ぎると代金の請求ができなくなってしまいますので、注意しましょう。
    売掛金債権の消滅時効については民法で決められており、2019年4月現在では業種によって時効が1年~5年の間で決められています。
    例えば
    ■1年で消滅するもの
    ・旅館の宿泊費
    ・飲食店などの飲食費
    ・タクシーなどの運送料金
    などとなります。

    ■2年で消滅するもの
    ・商品の売買代金
    ・弁護士などの報酬
    などとなります。

    ■3年で消滅するもの
    ・医師の診療報酬
    ・設計費や工事施工費
    などとなります。

    ■5年で消滅するもの
    ・上記以外の売掛金
    などとなっています。

    ただし、上記については現行の民法で定められている時効となります。
    2020年4月1日より民法が改正される予定であり、それ以後は売掛金の消滅時効期間は、業種に関わらず
    「売掛金の支払期限から数えて5年」
    となります。

    売掛金の消滅時効を過ぎてしまうと、代金を請求することができなくなってしまいますので、注意しましょう。
    ただし、訴訟や支払い督促を起こすことで時効は中断されますので、もし売掛金が回収できない見込みの場合は、弁護士などに相談し、しかるべき対応をすると良いでしょう。

    掛取引のメリットとデメリット

    上記のように、掛取引には、経営状況の悪化などにより代金の回収が困難になる場合があるなどのデメリットがあります。ですので、売掛金を取り扱う際には注意しましょう。
    一方で、掛取引にはメリットもあります。
    それは、
    「取引を行う都度、現金のやり取りをしたり、請求書を発行したり、振込確認を行ったりする手間が、まとめて処理を行うことで軽減される」
    という点です。

    掛取引には一定の貸し倒れのリスクはある一方、その都度決済を行う必要がないので、釣銭などの現金を用意したり、請求書などを発行したりする手間が省けます。
    売り手側からも買い手側からもメリットが大きいのです。

    まとめ

    この記事では、売掛金についてまとめました。
    売掛金は、その都度現金や請求書などのやり取りを行う必要がなく、取り決めをした期間でまとめて代金の清算を行うため、売り手側にも買い手側にも手間が省けると言うメリットがあります。
    しかしその一方、売掛金には取引先の経営状況の悪化などにより回収が難しくなる場合があることや、売掛金の消滅時効を過ぎてしまうと代金を請求することができなくなってしまうなどのデメリットがあります。
    便利で使い勝手のいい掛取引ですが、利用する際には取引先の与信管理を徹底するなど、リスク管理も必要です。