会社の経営が破綻し、倒産してしまう場合、会社は赤字状態にあると思われがちですが、実は黒字にも関わらず倒産する、ということがあります。
ですが、通常、黒字であれば利益が出ている状態と想像できるため、なぜ黒字なのに倒産してしまうのか、それが一体どういう状態なのか、よく分からないという方も多いですよね。

そこでこの記事では

  • 黒字倒産とは分かりやすく言うと何?黒字倒産についての基本

について解説したうえで、

  • なぜ起こる?黒字倒産の原因とは
  • 黒字倒産と人手不足の関係

についても、まとめていきたいと思います。

黒字倒産とは分かりやすく言うと何?黒字倒産についての基本

最初に、黒字倒産についての基本をまとめていきたいと思います。

黒字倒産とは?

黒字倒産を簡単にまとめると
「帳簿上は利益が出ており黒字なのに、手元に現金がなく支払い等が困難になってしまい、会社として経営できなくなってしまった状態」
のことを指します。

帳簿と言うのは、利益を計算する損益計算書のことを指します。
損益計算書上では利益が出ているのに倒産と言うのは不思議に思えるかもしれませんが、倒産するのに大きなポイントとなるのが「支払いなどに充てるために必要な手元の現金」です。
・帳簿上は黒字でも、手元に支払いのための現金がなければ倒産してしまいます。
逆に言うと、
・帳簿上は赤字でも、手元に支払いのための現金があれば倒産しません。
と言うことになるのです。

「利益」と「手元の現金」の関係

上記で
「帳簿上は黒字でも、手元に支払いのための現金がなければ倒産してしまいます。」
「帳簿上は赤字でも、手元に支払いのための現金があれば倒産しません。」

と述べましたが、その点をもう少し詳しく解説したいと思います。

まず、帳簿上(損益計算書上)の黒字と赤字について解説すると、
・黒字とは、帳簿上で利益が出ていること(収入に対して、支出が下回っている状態)を指します。
・赤字とはその逆で、帳簿上で損失が出ていること(収入に対して、支出が上回っている状態)を指します。
となります。
ここで気を付けなければいけないのは、帳簿上の黒字や赤字はあくまでも損益計算書上のことであって、実際の現金の増減(キャッシュフロー)とは関係ないと言う点です。
つまり、
帳簿上の利益と手元の現金は、イコールではない
のです。

例えば、商品を仕入れた場合、その商品は売れなければ費用として計上されないため、支出から引くことはできません。そのため、商品が売れないときは損益計算書上では利益が減ることはありません。
しかし実際は、その商品を仕入れるときの代金の支払いには手元の現金を使っているわけですから、手元の現金は減ってしまうのです。

損益計算書の帳簿上では利益は減っていないのに、手元の現金を算出するキャッシュフロー計算書では現金が減っており、その乖離(かいり)が大きく、現金を支払いなどに回せない場合に黒字倒産となってしまうのです。

なぜ起こる?黒字倒産の原因とは

次に、黒字倒産が起こる原因について、解説していきたいと思います。

黒字倒産の原因

黒字倒産は、
「損益計算書の帳簿上では利益は減っていないのに、現金を算出するキャッシュフロー計算書では現金が減っており、その乖離が大きく、現金を支払いなどに回せない」
状態と述べました。

では、なぜそのような状況となってしまうのでしょうか?
それには、いくつか考えられる原因があります。
例を挙げてみると
・売掛金のある取引先が倒産してしまい、資金を回収することができなくなってしまった
・売掛金の入金タイミングが十分に管理できておらず、あてにしていた入金がなかった
・商品が売れていないのにさらに仕入れを行ってしまい、過剰在庫になってしまった
などが考えられます。

ただ、取引先の突然の倒産などの場合を除き、黒字倒産をするのは突然と言うことはあまりありません。
大抵の場合は、長期間に渡り手元の現金が少ない状態が続き、融資などで資金をつなぎながらも、最終的には追加融資ができず、倒産してしまうことが多いです。
そのため、少しでも黒字倒産の兆しが見えてきたら、早急に改善し、悪い流れを断ち切ることが重要です。

黒字倒産を未然に防ぐには?

では、もしも会社に黒字倒産の兆しが見えてきた場合、悪い流れを断ち切り黒字倒産を未然に防ぐためにはどうすれば良いか、まとめていきたいと思います。

①掛取引の入金や支払いタイミングを管理・調整し、キャッシュフローを重視した経営を行う
企業間取引では売掛金や買掛金を使った掛取引が主流ですが、掛取引の場合では、売掛金の入金が数か月先になってしまうということも珍しくありません。
売掛金の入金が遅く、買掛金の支払いが早い場合は、手元の現金が残る時間が少なくなってしまい、現金の流れ、キャッシュフローを整えることが難しくなってしまいます。
そのため、売掛金の入金タイミングや、買掛金の支払いタイミングには十分に注意し、管理していく必要があります。
もし、タイミングを変えてほしい場合には、一度取引先と相談してみましょう。

②過剰在庫を持たない
大量仕入れをすると商品1つあたりの単価が安くなるため、やむを得ず大量仕入れを行うという場面もあるかと思います。
しかし、在庫を過剰に持つというのは企業経営にとっては大きなリスクとなります。
大量仕入れを行う場合は状況や在庫数などをよく検討し、慎重に行うようにしましょう。

③あらかじめファクタリングなども視野に入れ、検討しておく
ファクタリングとは、簡単に言うと売掛金を専門のファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化することを言います。
ファクタリングのメリットは、売掛金の再建を売買するため借金とは異なる点です。
そのため安全な資金調達方法の1つとして、欧米では昔からよく使われている方法なのですが、最近では日本でも知られるようになってきました。
ファクタリングは迅速に現金を準備できる一方で、手数料が発生してしまうのがデメリットではあるのですが、早急な売買にも応じてくれるので、どうしても早く現金が欲しいと言う場合には利用を検討してみるのも1つの方法です。
もしもの時のために、あらかじめファクタリングを利用することも検討しておくことも重要ですね。

黒字倒産と人手不足の関係

最後に、黒字倒産と人手不足の関係についてまとめていきます。
人手不足での倒産は、経営自体は順調で手元の現金も足りているのに、従業員や代表者がいないため経営が続けられず、収益が悪化し倒産してしまうケースです。
最近増えている人手不足倒産の理由などについて、解説していきたいと思います。

人手不足倒産とは

日本では、ここ数年の景気拡大により、有効求人倍率は高水準で推移しているものの、それに反して人手が不足している状態が続いています。

人手不足となっている状態では大きく分けて
①後継者不足…代表者の高齢化や死亡などがあったが、後継者がいないため経営を続けることができない。
②従業員不足…採用活動などは続けているものの、十分な数の従業員を確保することができず、経営を続けることができない。
の2パターンがあります。

その背景として、日本の労働人口そのものが高齢化し、働く人の人口が減っているという問題点が挙げられます。
また、加えて
①の場合、代表者の後継となる子供がいない、または子供はいても別の企業で勤務しているなどのケースがあります。特に、若く有能な人材は地方よりも首都圏に集まってしまう傾向にあるため、後継者不足で悩むのは地方の企業が多いです。
②の場合は特に運送業界や介護業界、保育業界などに多く見られます。仕事としてのニーズは高いのに、重労働かつ賃金が低いため、なり手がいない。
などが考えられます。
代表者や従業員の不足が続いてしまうと、どんなに黒字経営で手元の現金も多く、順調な経営を続けている企業でも、企業活動が行えず、収益は悪化し、その結果倒産してしまうのです。

人手不足での黒字倒産を防ぐには?

日本全体で働き手が少なくなっている今、優秀な人材を確保し、人手不足を防ぎ黒字倒産を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。
その方法をまとめてみます。

①社内教育制度を整備し、人材育成に重点を置く
企業としては、あらかじめ即戦力となる力を身に付けている、良い人材を採用したいという気持ちがあるのは当然です。
しかしこれからの時代は、未熟な社員や、外国人の社員を、一人前に教育して育てていくということも重要になってきます。
そのためには社内の教育制度を整備し、人材の育成に重点を置くことがとても重要となります。

②柔軟な働き方を認め、そのための環境を整備する
人手不足と言っても、待機児童を抱えた育児中の方や、介護中の方などで「少しの時間でも良ければ働きたい」という人は潜在的にはかなり多いと考えられます。
また、そういう人の中には高度な技術や知識を持っている方も多く、働けない状況下にあることで自分の力を発揮できずにいるという、勿体ない状態にあることも珍しくありません。
そういった方たちのためにも、
・勤務時間や勤務日数を自由に決められる制度をつくる
・リモートワークを取り入れる
・企業内保育園を整備する
など、今までの古い勤務体制を見直し、柔軟な働き方を認め、そしてそのための環境を整備していくことが重要です。

人手不足とはいえ、潜在的には多くの人が働きたいと言う希望を持っている状況です。
ですので、人手不足での倒産を防ぐためには、企業では今までの体制などを見直し、柔軟に時代に変化していくことが大切だと考えられます。

まとめ

この記事では、黒字倒産についてまとめました。
帳簿と言われる損益計算書上は利益が出ており黒字の状態なのに、支払い等に使う手元の現金が足りないと、黒字にも関わらず倒産してしまう、と言う状況に陥ってしまいます。
黒字倒産にならないためには、掛取引の入出金日の管理を正確に行い、キャッシュフローを意識した経営を行うことや、過剰な在庫は持たないことなどが重要となってきます。
そして、どうしてもすぐに現金が必要なときはファクタリングなどを利用することもあらかじめ検討しておき、現金が少なくなっても落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

また、黒字の状態で、手元の現金も豊富なのに、後継者や従業員などの人出が不足していると経営がうまくいかず、収益が悪化して倒産するケースも増えています。
会社を人手不足にしないためには、社内の教育体制を整え人材育成に重点を置くことや、多様な働き方を認め、企業内保育園やリモートワークなどの制度を整えていくことが重要だと考えられます。